メール関連情報

 メーラーの設定方法について掲載しています。
 以下のリストから該当するOSやメーラーを選んでご覧ください。

Outlook 2010での設定方法設定確認変更方法

Windows Liveメール2011での設定方法設定確認変更方法

Windows7での設定方法(Windows Liveメール)設定確認変更方法

WindowsVistaでの設定方法(Windows メール)設定確認変更方法

WindowsXPでの設定方法(OutlookExpress)設定確認変更方法


メールサーバの使用について

容量制限に関するお願い

 マジカルサイト・インターネットサービスでは、全てのメールサーバの容量は以下のようにご利用いただくよう、ご協力をお願いします。

  • メールスプール(メールサーバに保存しているメール)の容量は、50MB程度を目安にしてください。
    メールスプールが大きいと、サーバ高負荷時の受信に不具合が起きることがあります。
  • メールが大量(おおむね100MB以上)に残存しているときは、メール削除のお願いのご連絡を差し上げます。
    メール削除依頼のご連絡を差し上げた後、メールスプールの容量が低減されない場合は、当社にて削除します。
  • メール受信ソフトの設定で「メールをサーバに残す」「サーバーにメッセージのコピーを置く」といった設定はできるだけしないようにしてください。このような設定をすると、メールを受信しても、メールサーバにメールが残り、それが蓄積されて大きなメールスプール容量を消費します。
  • 海外旅行などでメールの削除ができず、メールスプールの容量が一時的に増える場合は、事前にご連絡ください。
  • 一時的に大きなメールが到着するなどしても差し支えありませんが、メールボックスの最大容量を超えるとメールが到着しなくなることがあります。

メールサーバに残ったメールの削除

 大容量のメールを受信してしまった場合や、当社からメールの削除依頼があった場合は、メールサーバに残ったメールを削除してください。
 メールサーバに残ったメールを削除するには、「メールをサーバに残す」「サーバーにメッセージのコピーを置く」といった設定を【解除】して受信を行うか、以下のリモートメールに対応したソフトなどをご利用ください。
 それぞれのメールソフトは、VECTORなどからダウンロードできます。使用方法は、それぞれのソフトのHELPなどを参照してください。

  • Windowsの場合「電信八号、Becky! Internet Mail」などがあります。
  • Macintoshの場合は、「OutlookExpress 4.5/5、Dolphin、Musashi」などがあります。

 メールサーバに残ったメールを削除するだけのような場合は、以下のフリーウェアも使えます。
 ダウンロードは、それぞれのサイトからダウンロードしてください。使用方法は、それぞれのソフトのホームページや、HELPなどを参照してください。

●設定時に必要な項目一覧

設定項目の名称 主メール設定値 追加メール設定値 VC追加メール設定値
メールサーバ、サーバ名 mail.dokidoki.ne.jp mx.dokidoki.ne.jp mx2.dokidoki.ne.jp
ユーザ名、POPアカウント、ユーザID xxxx@dokidoki.ne.jp
のxxxxの部分
xxxx@mx.dokidoki.ne.jp
のxxxxの部分
xxxx@mx2.dokidoki.ne.jp
のxxxxの部分
パスワード メールを受信するときのパスワード
ポート番号 110
APOP チェックしない

 ご自身でメールサーバに残ったメールを削除できない場合は、ユーザサポートまでご連絡ください。
 メールサーバからメールを削除すると、二度と受信できませんので、必要なメールが受信済みであることを確認してから行ってください。

メールに関するトラブル

 FAQの該当項目をご覧ください。